日常生活を見直して妊娠しやすい体づくりをする

日常生活を見直して妊娠しやすい体づくりをする

妊娠をしたいと考えた時、まずは何をしたら良いのか考えることがあるかと思います。

 

基本的には赤ちゃんは天からの授かりものとも言えるものですが、中には妊娠しづらい生活習慣をしている方もいらっしゃることからまずは日常生活を見直して妊娠しやすい体づくりをすることが大切です。

 

生活習慣を見直す前にまずは基礎体温を測る習慣をつけることからはじめましょう。体温の変化によって自分の排卵周期などを把握することが可能となるため、妊娠しやすい時期を見極めることが可能となります。忘れないように体温を測る時間を毎日決めておくと良いでしょう。

 

次に大切なのは食事の内容です。一日三食、栄養のバランスが良い食事を心がけましょう。妊娠するためには体力も必要となってきますし、血や体を作る上で大切なたんぱく質を摂取するためにお肉を食べるとよいといわれています。豆腐や納豆などの大豆製品もたんぱく質が豊富で女性ホルモンとよく似た働きをするのでおすすめです。また、葉酸など妊娠に必要な栄養素でも性質上食事から摂取することが難しい場合にはサプリメントなどで補ってあげるのも良いでしょう。妊活サプリなどには妊娠に必要な様々な栄養素が配合されているのでおすすめですが、原材料や製造方法など安全面に配慮したものを選択することが大切です。

 

また、妊娠しやすい体質を作るには体を温めることが大切ですので、きゅうりなどの夏野菜や冷たい飲み物を控え、体の中から温まるものを摂取するように心がけると良いでしょう。適度な運動もまた血行促進に一役買ってくれたりストレスを発散することに繋がるのでおすすめです。

 

質の良い睡眠もまた女性ホルモンの分泌には重要です。夜型の生活をしている方は睡眠時間を確保する工夫をするのも良いでしょう。

 

その他にもアルコールやタバコを控えるなど、比較的手軽に始められることもあります。生活習慣が乱れているなと感じる方は、妊娠を希望するこの機会が規則正しい生活を意識する良いきっかけになるかもしれませんね。